確率は低いが肌トラブルを起こす可能性がある

肌の弱い人は火傷のような炎症反応が起きる

脱毛サロンのスタッフは、専門の施術者であり、肌トラブルが起きないようにカウンセリングも行ってくれるので心配はほとんどないでしょう。しかし、レーザーや光を当てた肌は、日焼けをした状態と同じになります。肌の弱い人は毛根部にレーザーや光を当てることによって軽度の火傷状態になってしまい、肌が赤くなってしまうことがあります。脱毛後にしっかりと保湿をすれば、赤味は数日で消えていくことがほとんどですが、1週間しても消えなかったり悪化したりした場合はサロンに相談してみましょう。 全身脱毛は全身のあらゆる部位の脱毛が可能な分、部位によってはデリケートな部分もありますので、部分脱毛よりもトラブルが起きる可能性は高くなります。しっかりとカウンセリングを受けてから脱毛しましょう。

全身脱毛後の細菌の感染に注意

肌の弱い人は、全身脱毛後に赤い発疹が出る場合があります。脱毛は肌にレーザーや光をあて毛根にダメージを与え、やがて毛が抜け落ちていくというメカニズムです。脱毛時に、レーザーや光によってダメージを受けた肌は、バリア機能が低下している状態に陥ります。バリア機能が低下した肌に細菌が入ると、感染、炎症を起こし、にきびのような赤い発疹が出ます。発疹が出てもほとんどの場合しばらくすれば自然と治りますが、症状が悪化してしまったらサロンに相談しましょう。脱毛後の肌は、非常にデリケートな状態になっており、全身脱毛の場合ダメージを受ける範囲も広くなります。症状が出る前にしっかりと保湿をして、肌を清潔に保つことを意識しましょう。